激安産廃ボックス!!サンチャンボックス【ジャンボ】| 鉄箱・コンテナ・バッカン

激安産廃ボックス!!サンチャンボックス【ジャンボ】| 鉄箱・コンテナ・バッカン

産廃ボックスは、鉄箱・建廃コンテナ・産廃コンテナ・バッカン・ダストボックス・スクラップ箱などとも呼ばれます。おもに、廃材や産業廃棄物、がれきやスクラップなどを一時的に保管する目的で利用されています。

特に、普段から産廃ボックスを多く取り扱う産業廃棄物処理業者様におきましては、安くても信頼のおけるものをお探しかと思います。

このページでは、激安だけど驚きの高品質産廃ボックス、サンチャンボックス【ジャンボ】をご紹介します。

基本仕様

鋼鉄製なので、樹脂製のものよりも強度・耐熱に優れます。フォークリフト、吊りクレーンどちらにも対応します。耐久性を重視した構造になっているので、コストパフォーマンスが高いです。

品名: サンチャンボックス【ジャンボ】
製造国: 日本(宮崎県)
規格寸法: 幅:1100mm × 奥行:1900mm × 深さ:1000mm
フォーク差込穴寸法: 幅:192mm × 高さ:70mm
容量: 約2立米(2㎥)
材質: 鋼鉄
重量: 約350kg

サンチャン特別価格:73,500円(税別)(税込79,380円)
※配送地域ごとに送料が別途かかります。詳細はお見積りをご依頼ください。
色はグレーの錆止め塗装となります。色の変更は別途お見積りとなります。

見積もり依頼へ

製品の特徴

フォークリフトでの作業を熟考した構造になっています。ラフな取り扱いでも、壊れないような考慮が随所に施されています。

底部にはフォークリフトのツメを入れるガイド(フォークガイド)がついています。4方向での作業が可能です。

フォークガイドの間隔は、短手・長手ともに850mmです。

フォークガイドはフォークと接触する箇所であるため、特に破損が多い個所ですが、下の写真のように十分補強された構造になっております。差込口の幅は192ミリ(※高さは70ミリ)で、フォーク保護カバーを付けている場合にも対応します。

他にも、クレーンによる回収・反転(ひっくり返し)作業を想定し、吊り金具を上面に4個所、側面に2か所溶接しております。

まず、下の写真は上面の吊り金具です。しっかりとした溶接が施されています。

次に、下の写真は側面の吊り金具です。強度があるので、安心して反転作業を行うことができます。

底面には、水抜き穴がありますので、雨や廃棄物から出た水が産廃ボックスの底に溜まるということもありません。

容量はどれくらい?

1立米(りゅうべい、りゅーべー、あるいはリューベとも表記)とは、1立方メートル(㎥)すなわち1m×1m×1mの体積のことです。以下の動画で、1立米がどれくらいか、何となくの感覚がつかめます。

ちなみに、1立米を産廃のタイプごとに重さで換算すると、紙くずでは0.3トン、木くずでは0.5トン、燃えカスや汚泥で1.1トン、がれき類で1.5トン程度に相当します。

そして、サンチャンボックス【ジャンボ】の容量は、その倍、2立米サイズに相当します。

圧倒的な強度

産廃ボックスは至る所で目にしますが、強度をそこまで考慮せずに設計しているものも多く見受けられます。とりあえず鉄板を溶接して箱形にしました、という程度のものも多くあります。

一方で、サンチャンボックスは頑強な構造にするために、多くの工夫が加えられています。

フォーク差し込み口の補強

先にも述べましたが、フォークガイドの入り口周りには、変形しないための補強が加えられています。フォーク差し込みの際に、ここが潰れてしまうと使い物にならなくなってしまいますから。

厚めの鉄板を使用

基本的に頑丈な構造ですが、特に負荷がかかる部分は厚めの鉄板を使用しております。

薄い鉄板を使用した産廃ボックスだと、結構簡単に変形してしまうんですよね・・・(※下の写真は、サンチャンボックスではありません)。

側面には強化骨を複数追加

重いがれきなどを入れると、産廃ボックス側面が変形する場合もありますが、その点に関しても考慮が加えられています。サンチャンボックスの側面には、強化骨が複数追加されており、ボックス側面にかかる力に対しても耐久性がある設計になっています。

ユーザー様の声

最初にサンチャンボックスの話を聞いた時は、『本当にその値段で作れるの?作れたとしても、質が悪いんじゃない?』と、値段と品質を両立できるのか半信半疑でした。

でも、製造元について詳しく話を聞くと、某大手企業の特殊金属加工を長年請け負っているなど、高い技術力があるとのことで、採用を決めました。

出来上がった実物を見てみて、概ね今まで使っていたものと変わらないのですが、細かなところに様々な考慮がされていることに感動しました。この値段で、ここまできっちり作っていることに驚きです。

これまで別メーカーの産廃ボックスを利用していたのですが、サンチャンボックスに切り替えたことにより買い替えコストが下がり、かつ耐用期間が延びたので、産廃ボックスにかかるトータルコストが約4割減りました。

まとめ

工場・施設での産業廃棄物、建設現場での端材、解体現場での廃材、災害廃棄物の保管ボックスとして広く使われる産廃ボックスですが、他にもアイデア次第で様々な用途で使われています。

ただ、価格はそれなりにしますので、広く比較・検討したうえで、安くても耐久性のあるしっかりしたものを選びたいですね。

激安だけど驚きの高品質、サンチャンボックス【ジャンボ】、おススメです。

品名: サンチャンボックス【ジャンボ】
製造国: 日本(宮崎県)
規格寸法: 幅:1100mm × 奥行:1900mm × 深さ:1000mm
フォーク差込穴寸法: 幅:192mm × 高さ:70mm
容量: 約2立米(2㎥)
材質: 鋼鉄
重量: 約350kg

サンチャン特別価格:73,500円(税別)(税込79,380円)
※配送地域ごとに送料が別途かかります。詳細はお見積りをご依頼ください。
色はグレーの錆止め塗装となります。色の変更は別途お見積りとなります。

見積もり依頼へ

注意事項

  • 急激・極端な衝撃・荷重を与えないでください
  • 製品に変形、亀裂等が見られましたら使用を中止してください
  • 玉掛け作業は、ねじれや横曲げなどを受けないよう4点吊りで行ってください
  • 作業開始前には点検を必ず実施し、異常が見られた場合は使用を中止してください
  • お取り扱いに起因する破損や事故つきましては、責任を負いかねますこと、ご留意ください

製造オプション事例

製造オプション事例を随時紹介してまいります。

>>事例その1:上塗りカラー変更